横浜市のおすすめ結婚式場を紹介 » 結婚式の選ぶポイントを条件別に紹介 » 横浜で神前式を挙げるなら

公開日: |更新日:

横浜で神前式を挙げるなら

近年、若いカップルからも見直されつつある神前式。日本の伝統的スタイルの中で執り行われる挙式は、二人にとってもゲストにとっても貴重な経験になることでしょう。,
ここでは、神前式の魅力や式場選びのポイント、横浜にあるおすすめの神社をご紹介しています。横浜で結婚を予定しているカップルの方々は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

神前式の魅力

日本の伝統的なスタイルでの挙式ができる

かつて大正天皇が執り行ったことが始まりとされる神前での挙式。以後、徐々に日本人の間に広がっていき、今や日本の伝統的な挙式スタイルとして、神前式は広く定着しています。

神社は、日本特有の伝統的な宗教施設。神前で挙式することで、自分が日本人であることも深く実感することでしょう。

また、ゲストの中にはご高齢の方もいらっしゃる可能性がありますが、チャペルでの結婚式に比べ、神社での結婚式のほうが安心して見ていられるかもしれません。他の若いゲストにとっても、なかなか経験できない貴重な時間になることでしょう。

結婚後も気軽に訪れることができる

厳重なセキュリティが必要な特別な神社でもない限り、神社は基本的に24時間365日開放されているもの(社務所では対応時間が決まっています)。ホテルなどの一般的な結婚式場とは異なり、いつでも訪れることができることが神社の大きな魅力と言えます。

結婚後、二人の思い出をなぞるように、改めて挙式した神社を訪れてみても良いでしょう。あるいは、将来、お子様やお孫さんが生まれた後に、家族で挙式した神社に足を運んでみても良いかもしれません。訪れるたび、二人が結婚したときの新鮮な気持ちが蘇ってくることが、神前式を選ぶメリットの一つとなるでしょう。

一般参拝者に祝福してもらえることがある

神前式が始まると、まずは新郎新婦、神主さん、巫女さん、親族などが列をなして神殿にゆっくりと移動する「参進」という儀式があります。この参進を、鳥居の外から行う神社も珍しくありません。

挙式を土日に行い、そこが有名な神社であれば、一般参拝者や観光客も多く訪れていることでしょう。大勢の一般の方々の中を、ゆっくりと参進する新郎新婦の列。一般の方々から多くの祝福の声が上がるはずです。

見ず知らずの方々からの祝福に囲まれれば、新郎新婦の中にはグッとこみ上げるものがあるのではないでしょうか。

神前式の会場選びのポイント

格式・雰囲気・伝統で式場を選ぶ

全国には神社が81,000社以上あると言われていますが、一生に一度の結婚式だからこそ、「どの神社でもいい」という訳にはいきません。普段から信仰している神社があるならば別ですが、特に信仰している神社がない場合には、少しでも格式があり、少しでも雰囲気があり、少しでも歴史のある神社を選ぶことが無難です。そのような神社であれば、一般参拝者も多く訪れている可能性があるので、挙式当日には多くの方々から祝福されることでしょう。

ただし、いくら格式ある有名な神社だったとしても、二人のお好みにマッチしなければ問題です。必ず、事前に神社を見学してから契約するようにしましょう。

アクセスの良い式場を選ぶ

神前式に招待するゲストの中に高齢者や足の不自由な方がいらっしゃるなら、なるべくアクセスの良い神社を選ぶことも大事です。挙式は二人の大事なイベントであるとともに、参列者にとっても大事なイベントなので、全体に配慮した式場選びは大前提です。

また、挙式した神社には、以後もお世話になることが多々あるかもしれません。たとえば、自分たちの厄払いや、子供のお宮参りや七五三などです。一生のうちに何度も訪れる場所ということも考慮すれば、アクセスの良さは神社選びの大事なポイントになります。

より適した契約方法で式場を選ぶ

神前式の契約方法には、神社と直接契約をする方法と、専門のブライダルプランナーを経由して契約する方法の2種類があります。

神前式のみを執り行って終わる予定であれば、神社と直接契約したほうが良いでしょう。一方で、神前式の後に披露宴や食事会などを開く予定であれば、セット料金でお得なブライダルプランナーを経由して契約したほうが良いでしょう。ただし、挙式を希望する神社がある場合には、そのプランナーが対応可能な神社かどうかを確認しておく必要があります。

二人の希望、招待する予定のゲストの顔ぶれ、予算などを総合的に勘案し、より適した契約方法を選ぶようにしましょう。

横浜で神前式を挙げられる施設・結婚式場を紹介

伊勢山皇大神宮

みなとみらいエリアを望む由緒ある神社

伊勢山皇大神宮公式HP

引用元:伊勢山皇大神宮公式HP(https://www.iseyama.jp/shinto-wedding/order)

伊勢山皇大神宮公式HP

引用元:横浜観光情報(https://www.welcome.city.yokohama.jp/spot/details.php?bbid=735)

伊勢山皇大神宮の神前式の特徴

横浜みなとみらいエリアからほど近い場所にある伊勢山皇大神宮。1870年(明治3年)に創建された歴史ある神社です。神社巡りがお好きな方々の間では、「関東のお伊勢さま」「汽笛の聞こえるお伊勢さま」という愛称でも親しまれています。

神前式の始まりは明治33年の皇太子殿下(後の大正天皇)だったとされていますが、伊勢山皇大神宮では、その2年後から神前式をスタート。神奈川県内で初めて神前式を行った由緒ある神社です。

神前式の会場として利用できるのは「本殿」と「神楽殿」のどちらか一方。「本殿」は創建150年を祝して伊勢神宮から移築された旧社殿、「神楽殿」は日本古来の神社建築と横浜ならではのセンスが融合したモダンな神殿です。
「本殿」で挙式する場合には、控室から鳥居をくぐり境内を参進します。一般参拝者からの祝福も受けながら、緊張の中にも嬉しさがこみ上げる瞬間となるでしょう。

格式高い神社での挙式でお金の話は避けたいところですが、そうとは言え、初穂料15万円という料金で挙式できることは、結婚する二人にとって要注目のポイントになるでしょう。
結婚でかかる費用は、結婚式や披露宴だけではなく、婚約指輪や結婚指輪、新婚旅行、新居の契約、生活用品一式の購入など、様々あります。少しでも節約できるならば、それに越したことはありませんね。挙式の後、横浜のレストランやホテルなどで簡単なお披露目パーティーを開催する形にすれば、トータルコストをかなり節約できるのではないでしょうか。

伊勢山皇大神宮の口コミ

歴史ある神社で挙式したい方におすすめ
伝統ある神社で神前式を挙げることができます。式までの両家顔合わせ等は記念館で行うのですが、記念館は広く綺麗で顔合わせもゆっくりできます。また本殿も最近伊勢神宮から移築されたものでとても美しいです。関東のお伊勢さまと親しまれるくらい歴史ある場所ですので神前式をしたいと思っている方にはぴったりだと思います。
事前に説明会があるため、不安なことはそこで聞くことができます。当日も丁寧に説明や案内をしていただけるため、身を任せて式を執り行うことができました。
引用元:みんなのウェディング(https://www.mwed.jp/hall/13892/rev/1481578/

厳かで素晴らしい雰囲気でした
神楽殿で挙式をしましたが、豪華で厳かで、素晴らしい雰囲気でした。親族のみの30名ほどなので会場が広すぎるかな?と思いましたが、全然そんなことは感じなかったです。伊勢山皇大神宮には本殿と神楽殿があり、どちらにするか選べます。かなり悩みましたが神楽殿は結婚式以外でなかなかお目にかかれない場所なので、ここで挙式できて本当に良かったです。
全体的にアットホームな雰囲気というか、良い意味でピシピシしすぎていないのが、私にはちょうど良かったです。
引用元:みんなのウェディング(https://www.mwed.jp/hall/13892/rev/1420990/

一般参拝の方々も祝福してくれました
派手な装飾などはない神社ですが、だからこそ荘厳な雰囲気があってとても素敵です。控室から鳥居をくぐって本殿へ向かう間、一般の参拝の方にもお祝いを言っていただけて嬉しかったです。
雅楽の生演奏、巫女さんの舞の奉納があり、とても伝統を感じる素晴らしい式でした。神前式をするのであれば、式場などの儀式殿でやるより、神社が圧倒的にお勧めです!!
引用元:みんなのウェディング(https://www.mwed.jp/hall/13892/rev/1245966/

伊勢山皇大神宮の挙式費用

本殿と神楽殿の2つの式場から選ぶことができます。

【プラン内容】

参進から退下までの一般的な神前式

伊勢山皇大神宮の会場情報

所在地 神奈川県横浜市西区宮崎町64
アクセス 横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩8分
収容人数 ~120名
営業時間 9:00~17:00(受付時間)
定休日 公式HPに記載なし

本牧神社

源頼朝が創建に関わったと伝えられる由緒ある神社

本牧神社公式HP

引用元:本牧神社公式HP(https://shamusho.wixsite.com/honmokujinja-portal)

本牧神社公式HP

引用元:チアーズブライダル(https://cheersbridal.com/space/honmoku/)

本牧神社の神前式の特徴

本牧神社の歴史は非常に古く、明確な創建の時期は分かっていません。伝記によると建久三年(1192年)に源頼朝の命で創建されたとされていますが、この言い伝えが正しければ、2022年現在で実に創建830年を迎える古い神社となります。

歴史ある神社である一方、横浜の中心部から車で10分ほどの好立地。開放的で見晴らしの良い場所にある神社なので、歴史を感じながらも清々しい気持ちで挙式することができるでしょう。

神社や教会などの正式な宗教施設の場合、挙式中の写真撮影が規制されていることが少なくありません。中には、プロのカメラマンの入場も断っている施設もあるほどです。宗教施設という特殊な空間である以上、ある程度は致し方ないことなのかもしれません。

一方で本牧神社では、「式の妨げにならない限り写真撮影の規制はしない」という方針です。かつて、ドローンを使って挙式を空撮したいというカップルにも、自由に撮影をさせたそう。本牧神社は、遠慮なく自由に写真撮影できる神社です。

本牧神社そのものは挙式を執り行うための会場となりますが、挙式とその他の企画をあわせて行いたい方のため、ブライダル企業等とのコラボで様々なプランを用意しています。

具体的には、「和装お仕度プラン」「挙式+三渓園前撮りプラン」「挙式+三渓園披露宴プラン」「挙式+ホテルニューグランドでの披露宴プラン」など。挙式と披露宴を別々で契約する手間を省きたい方、結婚に向けた準備で忙しい方などは、これらのセットプランを検討してみても良いでしょう。

本牧神社の口コミ

本牧神社での結婚式に関する口コミは見つかりませんでした。参考までに、一般参拝者の方々からの口コミをご紹介します。

本牧山頂公園からの景色が綺麗です
本牧の山側、住宅地にある神社でアマテラス他をご祭神とした神社です。歴史があるようですが社は新しく重厚な感じではありませんが本社向かって右側にある鳥居を通って進むと約100段の階段を登れば本牧山頂公園に繋がり、ベイブリッジなどが見渡せる景色に出会えます。夜景も綺麗なので併せて訪れることをお勧めします。
引用元:トリップアドバイザー(https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298173-d8842334-Reviews-Hommoku_Shrine-Yokohama_Kanagawa_Prefecture_Kanto.html

社殿や境内が新しく整備されて清々しい雰囲気
本牧の商業施設のすぐ近く、緑豊かな本牧山頂公園を裏山にする神社です。社殿や境内は新しく整備され、清々しいです。長い間、米軍に接収されていた神社の敷地が、近年返還されたようです。社殿の右奥に階段があり、本牧山頂公園に通じています。境内にある大木の下にお祀りされている熊野速玉社の神社名が刻まれた社号標は某歌手の方の奉納によるものでした。
引用元:トリップアドバイザー(https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298173-d8842334-Reviews-or10-Hommoku_Shrine-Yokohama_Kanagawa_Prefecture_Kanto.html

敷地は広くありませんが良い雰囲気の神社
高台にあり、清廉な雰囲気で見晴らしの良い神社です。勝負運、商売繁盛のお稲荷さん、勉学精進、合格祈願の藤原道真公、安産祈願の水天宮、絶ち別れの熊野神社のお社など6つの神様が祀られています。神事に使う馬のための茅場も育成されており、全体の敷地はそれほど広くはありませんが、なかなか良い雰囲気です。
引用元:Google(https://www.google.com/search?q=%E6%9C%AC%E7%89%A7%E7%A5%9E%E7%A4%BE&biw=1247&bih=1015&ei=butHYtTSK4e32roPhvWp2Aw&ved=0ahUKEwjUwajB3vT2AhWHm1YBHYZ6CssQ4dUDCA4&uact=5&oq=%E6%9C%AC%E7%89%A7%E7%A5%9E%E7%A4%BE&gs_lcp=Cgdnd3Mtd2l6EAMyBQgAEIAEMgUIABCABDIFCAAQgAQyBQgAEIAEMgUIABCABDIFCAAQgAQyBQgAEIAEMgUIABCABDoHCAAQsAMQHjoECAAQHkoECEEYAUoECEYYAFCfAVjOBGDOB2gBcAB4AIABe4gBrwOSAQMyLjKYAQCgAQHIAQHAAQE&sclient=gws-wiz#lrd=0x60185d2d6fc17abd:0x1b3215fb7ae4f27d,1,,,

本牧神社の挙式費用

【プラン内容】

参進から親族固めの盃までの一般的な神前式

本牧神社の会場情報

所在地 神奈川県横浜市中区本牧和田19
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」よりバスで約15分
収容人数 ~50名
営業時間 公式HPに記載なし
定休日 公式HPに記載なし

三渓園

重要文化財建造物を12棟有する神奈川屈指の名園

三渓園公式HP

引用元:三渓園公式HP(https://www.j-ceremony.com/ceremony/)

三渓園公式HP

引用元:三渓園公式HP(https://www.j-ceremony.com/gallery/)

三渓園公式HP

引用元:三渓園公式HP(https://www.j-ceremony.com/plan/detail.php?id=6&title=10%E5%90%8D%E6%A7%98%2065%E4%B8%87%E5%86%86)

三渓園公式Instagram

引用元:三渓園公式Instagram(https://www.instagram.com/p/CWu1AzvLbtk/)

三渓園の神前式の特徴

神奈川県内にお住まいの方であれば、大半がその名を耳にしたことのある三渓園。国の重要文化財建造物を10件12棟、横浜市指定有形文化財建造物を3棟を有する広大な庭園です。

庭園の中心にあるのは、桜の木々に囲まれた広い大池。たくさんの鯉が泳ぐ風情ある大きな池です。

横浜を代表する観光名所の一つでもある三渓園での神前式。観光客から祝福されながら、一生の思い出となる挙式が執り行われます。

神前式を行う建物は、明治時代の画壇を代表する横山大観や下村観山などが、三渓園の景色を描くために長期にわたって滞在した「鶴翔閣」の客間。近代日本画の名作が数々生まれた客間であることから、「画家たちの部屋」とも呼ばれています。

この客間棟は、三渓園の中でも特に格式が高いとされる空間。客間棟のためだけに作られた奥庭もあります。

披露宴会場は、三渓園の中にある和風の大広間。古くは音楽や絵画を鑑賞する場所として、現代では皇室や国内外VIPをもてなす迎賓館として利用されている特別な空間です。

天井や柱は創建当時の面影を残したまま。会場を囲むように設置されたたくさんの窓からは、三渓園の自然豊かな景色を望むことができます。1日1組限定で執り行われる贅沢な披露宴です。

三渓園の口コミ

庭の景色が素晴らしいので装花がシンプルでも問題なし
挙式会場と披露宴会場が同じ建物にあるので、移動や準備が楽でした。会場自体の雰囲気と庭の眺めがとても良く、シンプルな装花でも間が持ちます。畳なので、女性の方は靴が脱げるので楽だと言っていました。また、新婦が和服の裾を引きずって歩けるのも良かったです。
プランナーさんにはいつも丁寧に柔軟に対応して頂きました。特に準備期間にコロナが流行り始めて不安だったのですが、毎回丁寧に対応して頂いて有り難かったです。会場のスタッフの方々も、会場が文化財ということもあり、ベテランの方が多く安心できました。
引用元:ウェディングパーク(https://www.weddingpark.net/00001127/kuchikomi/616638/

建物内から見える庭園がとても美しいです
挙式・披露宴会場ともに部屋の半分近くがガラス戸なので、建物内から見える鶴翔閣のお庭や、その先の庭園の景色が本当に美しく、とても静かで、厳かで、贅沢で、特別な会場です。玄関入り口は高さがある石階段なのですが、玄関横には高齢の方でも大丈夫な昇降機があり、階段を登らずに建物に入ることができます。また中もほとんど段差がなく、挙式・披露宴会場は畳のお部屋なので、靴を脱いでリラックスして過ごすことが出来ます。
引用元:ウェディングパーク(https://www.weddingpark.net/00001127/kuchikomi/613188/

高級感のある料理がゲストから大好評でした
和室にテーブルと椅子というスタイルが、珍しいと思いました。窓が多く緑の庭園が良く見えて、自然とリラックスできる雰囲気が良かったです。
老舗料亭の「K」さんのお料理をお願いしました。和食のコースで、料理長からメニュー紹介もしていただきました。大変おいしいし、量もちょうど良く、高級感があり、ゲストの方からも大好評でした。やはり料理はメインなので、大変満足しています。
引用元:ウェディングパーク(https://www.weddingpark.net/00001127/kuchikomi/206045/

三渓園の挙式費用

ミシュラン2つ星のおもてなしプラン(30名)。1日1組限定です。

【プラン内容】

文化財挙式、料理、飲物、サービス料、三渓園会場・厨房使用料、オリジナル人前式[祝言]または神前挙式、新郎新婦和装衣装各1着、新郎和装着付け、新婦和装着付け、新婦美容(洋髪)、新郎新婦お引き上げ、和装アテンド、メインテーブル装花、ゲストテーブル装花、スナップ撮影、(ロケーションフォト~挙式・披露宴・全員写真)、引出物・引菓子・バッグ、音響使用料、運営管理費、プロデュース料

三渓園の会場情報

所在地 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
アクセス JR「横浜駅」よりバス、「本牧バス停」より徒歩7分
収容人数 ~74名
営業時間 9:00~17:00
定休日 公式HPに記載なし

「三渓園」の
特徴を詳しく確認する

雰囲気抜群!
横浜市の歴史的建造物で
挙げられる結婚式はこちら

雰囲気抜群!
横浜市の歴史的建造物で挙げる
ことができる結婚式

格式高い雰囲気が魅力の歴史的建造物で挙式ができる式場を、結婚式・結婚式場選びの口コミサイト「ウエディングパーク」での評価を参考に紹介します (※2020年4月20日時点の評価です)。
こうした式場の中でも、アルコールを含む飲食ができるのは横浜市内でもここに紹介する3会場のみとなっており、横浜ならではの挙式ができる特別な式場です。

レストランウエディング
招待可能人数:70名

アルテリーベ横浜

レトロな街並みにたたずむ由緒あるレストランは横浜を象徴する景観

アルテリーベ横浜イメージ

引用元:アルテリーベ横浜公式HP(https://alteliebe.co.jp/wedding/charm/)

レトロな雰囲気と高級感が漂っていて、とても大人な雰囲気の会場です。ハイクオリティーな料理で、ゆったりとした披露宴で味わえる高級感があります。ロケーションも日本大通り沿いなので、横浜らしさが感じられます。秋は紅葉も楽しめて、県外の遠方から来た方も横浜を満喫頂けると思います。

料理
4.6

※ウエディングパークの評価(2021.06.16)

交通

みなとみらい線日本大通り駅直結

アルテリーベの
公式HPでロケーションをチェック

ゲストハウスウエディング
招待可能人数:120名

ラ・バンク・ド・ロア

歴史の重みを感じる重厚なたたずまいと大階段が印象的な式場

ラ・バンク・ド・ロアイメージ

引用元:ラ・バンク・ド・ロア公式HP(http://www.yokohama-loa.com/about/index.html)

料理はアペティスタイル(好きなものを好きなだけ食べられるスタイル)で、味も量もとても満足のいくもので美味しかったと好評のようです。珍しいお料理もあります。日本大通り駅のすぐそばにあり、電車でのアクセスは非常に便利だと思います。ただ、専用駐車場は完備されていないようです。

料理
4.3

※ウエディングパークの評価(2021.06.16)

交通

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分

ラ・バンク・ド・ロアの
公式HPでロケーションをチェック

ホテルウエディング
招待可能人数:250名

ホテルニューグランド

マッカーサーや昭和の文豪も利用していた歴史と伝統が残るホテル

ホテルニューグランドイメージ

引用元:ホテルニューグランド公式HP(https://www.hotel-newgrand.co.jp/main-building/)

誰もが知る横浜を代表するホテルです。この会場の特徴といえば、なんといっても港が一望できる「スカイチャペル」。光があふれる素敵な場所です。料理は昔ながらのスタンダードなスタイル。フォアグラやシーフードドリアなど洋食系で年代問わず好評なメニューです。

料理
4.3

※ウエディングパークの評価(2021.06.16)

交通

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分

ホテルニューグランドの
公式HPでロケーションをチェック